フルーツ青汁の酵素の効果

フルーツ青汁で本当に痩せられるの?

フルーツ青汁の酵素の効果

フルーツ青汁には酵素が豊富に含まれています。
よく「酵素は代謝を向上させる効果がある」と言われていますが、その理由をご存知でしょうか?
酵素というものは生体の化学反応を促進する「触媒」として機能する物質です。
代謝もいわば度重なる体内の化学反応によって引き起こされる現象ですので、酵素は代謝に深く関与する物質であるといえるでしょう。

ただし、ここで重要になってくるポイントがあります。
「酵素というものは基本的にタンパク質であり、生体内で合成され機能するものである」というポイントです。

人間の体は主に水分とタンパク質によって構成されています。
人体を構成するタンパク質は、自分自身のDNAを設計図として体内で作り出される物質なのです。
仮に体外から他の生物のタンパク質が侵入しようものなら、免疫がそれを排除しようとします。
つまりアレルギー反応が引き起こされてしまうのです。
ただし経口摂取の場合のみは例外で、免疫が体内への侵入を許可します。
侵入を許可された他の生物のタンパク質は、アミノ酸に分解され、それを基に自分の体を構成するタンパク質を作り出しているのです。

つまりケールやフルーツの酵素をフルーツ青汁を飲むことで摂取した場合、酵素はタンパク質として処理され、分解されアミノ酸になります。
フルーツ青汁から酵素を摂取するということ、それはフルーツ青汁からタンパク質を摂取するということなのです。
フルーツ青汁の酵素がそのまま人体でも酵素として機能することはなくても、人体の材料とも言えるタンパク質を摂取することができるのです。

フルーツ青汁で本当に痩せられるの?新着情報